スポンサードリンク


医療保険と医療情報サイトトップ >スポンサー広告 >>スポンサーサイト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://swimsuit1.blog50.fc2.com/tb.php/9-2276f4bc

-件のトラックバック

医療保険と医療情報サイトトップ >医療ニュース >>医療用麻薬 とは

医療用麻薬 とは

医療用麻薬 とは


法律で医療用に使用が許可されている麻薬。
オピオイド鎮痛薬というグループに分類されるもので、国内の癌の痛みをとる際に
使われている麻薬は、おもに、モルヒネ、フェンタニル、オキシコドンの3種類である。
オピオイド鎮痛薬は、医療機関の経験ある医師の処方や指示にしたがって、
正しく服用されれば依存症になることはない。

こうした、末期癌の痛みを和らげるのに欠かせないモルヒネなどの麻薬を患者が
自分で管理したり、患者や家族以外の第三者でも受け取ることができるようにするため、
厚生労働省は管理マニュアルを改定している。


スポンサードリンク


これまでは患者が麻薬を紛失した場合、処方した病院や薬局などの医療機関が
都道府県へ事故届を出していたが、改定マニュアルでは病院などの届け出を
免除するとともに、患者が管理者であることを明確にして自宅などでの医療麻薬
保管を認めている。

日本の主要医療機関の麻酔専門医でつくる「JPAP」は「医療用麻薬は命を短くすることなく、
死の間際だけに使われる痛み止めでもない。鎮痛に使われる限り依存が生じることもない。
これまでの誤解を取り去る必要がある」としている。

★このサイトでよく検索されているキーワードです。
高額療養費
医療保険の種類
社会保険 高額医療費限度額

モルヒネなどの医療用麻薬は、死の直前になってようやく使われていた時代が長くあり、
いまだに引きずっている誤解です。
現在は、医療の現場ではがん治療の早期から使われていく場合も増えており、
末期にのみ使用ではなくなってきています。

 
また、痛みは、本人しかわかりません。
痛みを我慢せずに、医療機関では、遠慮せず伝えてください。
医療用麻薬を上手に使って、がんなどの痛みから生じる精神的・肉体的行動制限を少しでも開放し、
よりよい生活を得るようにしていきましょう。

スポンサードリンク


この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://swimsuit1.blog50.fc2.com/tb.php/9-2276f4bc

0件のトラックバック

最近のトラックバック

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。