スポンサードリンク


医療保険と医療情報サイトトップ >スポンサー広告 >>スポンサーサイト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://swimsuit1.blog50.fc2.com/tb.php/39-6ea6c32e

-件のトラックバック

医療保険と医療情報サイトトップ >医療費削減 >>医療費 削減 方法

医療費 削減 方法

医療費 削減 方法

医療費 削減 方法についてみていきましょう。

医療費が家計に占める割合は、各家庭で違いはあるものの
ここ最近の傾向を見てみると、ひとつ入院をとってみても顕著に
表れていて以前に比べ、医療機関での入院日数は短期化する
一方、医療の高度化により、1日当たりの入院費用が高額化の
傾向が強まっています。

スポンサードリンク


よって、医療保険明治安田生命 明日のミカタといった
実際の医療にかかる費用負担そのものに着目した保険商品が
提案されてきています。

それでは生活習慣病を前提に、医療費の自己負担を最小限に
抑えながら、治療を続けていくには、どんな手立てがある
のかどんな医療費 削減ができるのかを見ていきましょう。


【医療費 削減 方法】
●薬を見直す

「たとえば、現在、高血圧で最も効果的な薬は最新のARBと
呼ばれるグループの薬ですが、これは高額で種類によっては
1錠300円近いものもあります。
ARBよりは効果が劣りますが、ACE阻害薬やカルシウム拮抗薬と
呼ばれるグループの薬なら、1錠10円未満のものも少なくありません
から、医療費の節約効果は大きい」(都内の内科クリニック院長)

・ポイントは、古くから使われていて薬価が安い薬を組み入れること。

新しい薬は薬の特許が守られていて高いが、古い薬は特許が切れて
いるから安いわけで、特許切れの古くからある薬のことである
ジェネリック薬品を活用する。

「糖尿病の治療に使われるビグアナイド薬は、薬価が1錠10円程度と安い。
新しいタイプのインスリン抵抗性改善薬は1錠200円近いものもあります。
糖尿病は薬の変更に注意が必要ですが、病状によっては、インスリン抵抗性
改善薬をビグアナイド薬に変更できる場合があるので、医師に相談すると
よいでしょう」(都内の糖尿病専門クリニック院長)

・新しい薬も使い方次第で安くなることがある。

「脂質異常症(高脂血症)によく効く薬はスタチンです。
そのひとつプラバスタチンは、ジェネリックがありますが、効き目が弱い。
そのジェネリックを毎日飲むなら、効き目が最も強いスタチンの先発薬を
1日置きに飲む方が、同程度の効果で薬代を安くできます」
(前出の糖尿病専門クリニック院長)


●受診期間を見直す

・糖尿病や高血圧などの生活習慣病は、1カ月に1回の通院が基本。
ですが、病状が安定している方なら、通院を2カ月に1回にすれば、
診察代は1回分かからなくて済む(前出の内科クリニック院長)

★このサイトでよく閲覧されているページです。
限度額適用認定証 社会保険
高額医療限度額申請とは
レセコンとは

●検査を見直す

「検査をしないと、医師は病状の変化を見落とすリスクがありますから、
まったくやらないわけにはいきません。しかし、メーンの検査、たとえば
糖尿病ならHbA1cの検査は毎回確実にやって、脂質や肝機能などの
検査は2回に1回行うなど、間隔を空けることが可能でしょう」
(前出の糖尿病専門クリニック院長)


医療費 削減と一言でいってもいずれも病状次第のところがありますが、
医師や看護師に相談する価値はありそうです。
スポンサードリンク


この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://swimsuit1.blog50.fc2.com/tb.php/39-6ea6c32e

0件のトラックバック

最近のトラックバック

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。