スポンサードリンク


医療保険と医療情報サイトトップ >スポンサー広告 >>スポンサーサイト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://swimsuit1.blog50.fc2.com/tb.php/31-e57fa466

-件のトラックバック

医療保険と医療情報サイトトップ >医療ニュース >>小児救急 医療 子供の病気について

小児救急 医療 子供の病気について

小児救急 医療 子供の病気について


小児救急 医療と子供の病気についてを説明する医療の取り組みは、
「知ろう! 小児医療 守ろう! 子ども達」という会を通じて活動をしています。


小児医療の会「知ろう! 小児医療 守ろう! 子ども達」の主な活動内容は、
医師による子供の病気についての説明会にあります。

スポンサードリンク


小さな子供を持つ父母らを集め、子供の急な発熱や下痢の際、症状が重いか
軽いか見極めるポイントや、救急外来などの医療機関に連れていく判断基準
などについて学びます。


「知ろう! 小児医療 守ろう! 子ども達」は、月1回程度開催しており、
会員は現在、約100人に増え、東京のほか埼玉、山口の両県で説明会を開いた
ほか、茨城、神奈川の両県でも準備を進めています。


小児医療の説明会の活動に協力する約20人の医師の一人、「星川小児クリニック」
(横浜市保土ケ谷区)の山本院長は「子供の病気について正しい情報が伝わって
いないことが問題。小児科をこうやって使えばいいという人が増えることで、医師は、
本当に診察を必要としている患者を診ることができるし、医師のやる気も出てくる」と
評価しています。


医師も親も歩み寄りたいという輪が広がってきているので、どこの地域でも子供の
病気について知ることができるよう、自治体がもっと積極的にこうした説明会を開ける
よう後押ししてほしいものです。

★このサイトでよく閲覧されているページです。
公的医療費とは
被保険者証短期証明書
全国健康保険協会
                 
東京都では、今月13日、都庁都民ホール(新宿区)で、子供が病気になった際に
知っておきたいポイントについて学ぶ講演会を開く予定のようです。

【問い合わせ】
都福祉保健局医療政策部救急災害医療課
TEL:03-5320-4427
スポンサードリンク


この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://swimsuit1.blog50.fc2.com/tb.php/31-e57fa466

0件のトラックバック

最近のトラックバック

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。