スポンサードリンク


医療保険と医療情報サイトトップ >スポンサー広告 >>スポンサーサイト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://swimsuit1.blog50.fc2.com/tb.php/30-9fbc3e93

-件のトラックバック

[T1] 入院保険とは

入院給付金は基本的に日額で五千円か一万円のようです。一日目からもらえるというわけではなく、入院五日目からが多いです。入院というと長期の入院で、家計が破綻するというのが最悪のパターンですが、通算千日までのものもあります。何も起こらなかった場合に、無事故ボ...
医療保険と医療情報サイトトップ >医療ニュース >>かかりつけ医 小児科 急な発熱

かかりつけ医 小児科 急な発熱

かかりつけ医 小児科 急な発熱


かかりつけ医の小児科医をきめておかないと子供の急な発熱のときに
困りますが、医療機関のなかでも小児科のかかりつけ医の選び方から
小児科救急医療、子供の急な病気の対処法などについての「説明会」
が開かれ、活動が広まっています。

スポンサードリンク


子供の急な発熱で、慌てたご経験はないでしょうか。
赤ちゃんの急な発熱を始め、幼児・子供の発熱時の対処方法や、医療機関に
行ったらいいかどうかを見極めるポイントを医師から学ぶ活動が、母親らの間で
広がっています。


親にとっては「万が一」の不安解消になるとともに、正しく病状を把握しないで
救急医療に駆け込むケースが減ることにより、疲弊する小児医療の状況改善
をも期待した試みです。


私も子供の急な発熱で何度か夜間や、休日に医療機関に走った経験がありますが、
長い時間待たされて医師に診てもらっても「ここでは詳しいことはわからないから、
またかかりつけ医に診てもらってください」と、簡単な診察とくすりをもらうだけでした。


特に初めての子供の場合は、何がなんだかわからないことだらけなので、夜や休日に
ちょっとした発熱でも気が気でなく、とにかく医療機関に向けて走っていました。


実は、「小児救急の医療機関における休日・夜間の小児患者の9割以上は入院の
必要がない軽症」という結果が発表されています。
19年の厚生労働白書によると、このような軽症患者の集中が、医療機関の厳しい
勤務環境に拍車をかけていると指摘しています。

★このサイトでよく閲覧されているページです。
高額医療費控除 限度額
医療保険とは
子ども 医療保険

医療を取り巻く問題の中でも小児医療の深刻な状況の原因の一端は、子供の病気に
ついて親が知らな過ぎることにある、と考えた小児科医が発起人になり、
「知ろう! 小児医療 守ろう! 子ども達」と名付けた会を立ち上げました。


スポンサードリンク


この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://swimsuit1.blog50.fc2.com/tb.php/30-9fbc3e93

1件のトラックバック

[T1] 入院保険とは

入院給付金は基本的に日額で五千円か一万円のようです。一日目からもらえるというわけではなく、入院五日目からが多いです。入院というと長期の入院で、家計が破綻するというのが最悪のパターンですが、通算千日までのものもあります。何も起こらなかった場合に、無事故ボ...

最近のトラックバック

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。