スポンサードリンク


医療保険と医療情報サイトトップ >スポンサー広告 >>スポンサーサイト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://swimsuit1.blog50.fc2.com/tb.php/19-b3276d0e

-件のトラックバック

医療保険と医療情報サイトトップ >医療費削減 >>医療費負担を削減

医療費負担を削減

医療費負担を削減


医療費負担削減のポイントを見ていきましょう。
家計節約に気を配っていても意外と見落としがちなのが「医療費の負担」です。


医療機関なら、大病院、医者にかかるなら大病院が安心と思われる
大病院志向の方も多いのではないでしょうか。

スポンサードリンク


大病院は「3時間待ちの3分診療」とよく言われますが、たった3分の
診察のために3時間も待つとは、時間も使い、体力も消耗します。


おまけに診察が終われば、薬や会計の待ち時間も長いのが大病院です。
家から遠ければ往復の時間と交通費もかかります。 


また、大病院では、紹介状を持たずに受診すると、初診料に
特別料金が加算されることがるのをご存じでしょうか?  


ベッド数が20床を超える病院だと、最低でも初診料が2550円です。
これがベッド数200床以上の大きな大学病院や企業の病院になると、
この2550円に金額が上乗せされます。
病院によっては、5,000円以上の金額に設定しているところもあります。


紹介状を持っていると、この上乗せ金額が割引されるので、大きな病院に
行くときには紹介状を持参しましょう。

★このサイトでよく検索されているキーワードです。
高額療養費
医療保険の種類
社会保険 高額医療費限度額

このように医療機関は、まずはかかりつけ医で受診するのが良いでしょう。
軽い病気なら、治療に差はありませんし、本格的な治療が必要なら、
紹介状を書いてもらえます。
紹介状をもって大病院に行けば、先ほどの特別料金が加算されることもありません。


医療費はどうしてもやむをえない支出と思われがちですが、
上手に医療機関を使い分け、少しでも医療費の負担を軽くして
医療費削減していきましょう。

スポンサードリンク


この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://swimsuit1.blog50.fc2.com/tb.php/19-b3276d0e

0件のトラックバック

最近のトラックバック

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。