スポンサードリンク


医療保険と医療情報サイトトップ >スポンサー広告 >>スポンサーサイト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://swimsuit1.blog50.fc2.com/tb.php/14-b86354b5

-件のトラックバック

医療保険と医療情報サイトトップ >医療保険(民間医療保険) >>医療保険 選び方

医療保険 選び方

医療保険 選び方


医療保険の選ぶうえの考え方として、医療保障を医療保険と合わせて
貯蓄をすることをオススメします。


医療保険は、入院してはじめて入院給付金が支払われますから、
通院特約を付けない限り、通院による治療に対しては支払われない
保険商品がほとんどです。


医療保険だけでは、病気やケガによる出費に備えられないこともあり、
医療保険は保障を補うためと考え、基本は貯蓄しておくことだと思います。

スポンサードリンク


【終身医療保険のすすめ】
医療保険とは違い、死亡保障は一般に年を取るごとに保障額は、
小さくなっていく(子供が自立するなど)ため、子供が小さい間の
保障額を厚くするなど、定期型の死亡保険を選び、定期的に
保険の見直しをしていけば良いでしょう。


これに対して、医療保険、入院保険は一般に年をとるほど必要になるので、
一定の保険料で一生涯の保障が続く、終身型の医療保険にできるだけ健康なうちに
加入されることをオススメします。

★このサイトでよく検索されているキーワードです。
高額療養費
医療保険の種類
社会保険 高額医療費限度額

終身医療保険に加入が望ましいわけですが、医療保険は、できるならば60歳で
支払済みが良いでしょう。


それは、60歳定年から5年間無給時代、そして年金暮らしの時に保険料で経済的圧迫
になると大変だと思うからです。


高齢になると、確実に病気やケガのリスクが高まり、医療保険の必要性が出てきます。
医療保険の保険料は支払済みにして保障は終身保障の安心を備える意味で、
医療保険は支払済みがおすすめです。


スポンサードリンク


この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://swimsuit1.blog50.fc2.com/tb.php/14-b86354b5

0件のトラックバック

最近のトラックバック

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。