スポンサードリンク


医療保険と医療情報サイトトップ >スポンサー広告 >>スポンサーサイト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://swimsuit1.blog50.fc2.com/tb.php/13-9133c931

-件のトラックバック

医療保険と医療情報サイトトップ >医療制度 >>社会保険 高額療養費の限度額適用認定証とは

社会保険 高額療養費の限度額適用認定証とは

社会保険 高額療養費の限度額適用認定証とは


社会保険 高額療養費の限度額適用認定証についてお伝えします。

社会保険制度の健康保険には、高額な医療費がかかった場合、ひと月単位で
高額療養費制度という公的医療制度を申請すれば、その適用が受けることができます。


たとえば、健康保険加入の45歳の方が、病院などの医療機関に入院した場合の
例で見ていきましょう。

スポンサードリンク


70歳未満の方なら、自己負担額は3割負担になりますから、この時
医療機関から請求された医療費が30万円だったとします。


この30万円を高額療養費制度申請をすれば「一般の所得額の方」であれば、
8万100円で済み、22万円ほどが後から戻ってくるんですね。


ちなみに私も、過去に高額療養費制度申請をしたことがありますが、申請を出してから、
2、3ヶ月経たないと口座に給付金は振り込まれませんでした。
このように以前は、高額療養費とうのは後から差額が返ってくるシステムでした。

★このサイトでよく検索されているキーワードです。
高額療養費
医療保険の種類
社会保険 高額医療費限度額

それが、2007年4月に「70歳未満の者の入院に係る高額療養費の
現物給付化」の導入により、現在は、前もって自分の加入する健康保険の
窓口で【限度額適用認定証】を貰い医療機関で提示すれば、最初から
自己負担限度額の額(この場合、8万100円)で済むようになりました。


健康保険の方は会社に所定の申請書を提出します。
また、国民健康保険の方も同様に【限度額適用認定証】があり、市区町村役所に
申請書を提出することで手続き完了です。


今後入院が決まっていて、高額医療費が予想される場合は、【限度額適用認定証】の申請をして、できるだけ医療費がかからないようにしていきましょう。

スポンサードリンク


この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://swimsuit1.blog50.fc2.com/tb.php/13-9133c931

0件のトラックバック

最近のトラックバック

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。